ページトップ背景画像

DiSC®診断とは?

DiSC®

DiSC®理論とはアメリカの心理学者ウィリアム・ムートン・マーストンが提唱したコミュニケーション理論の一つです。DiSC®では、人の行動特性をD(主導)・i(感化)・S(安定)・C(慎重) の4つに分類し、行動パターンや行動欲求を分析します。

DiSC®理論では人はそれぞれの異なる動機や欲求を持っており一人ひとり特有の行動様式があるとし、これらの違いにこそ「価値」があると考えます。
矯正するのではなく、自分と人との違いを理解し、その価値を活かしてくことでコミュニケーションがより円滑となります。

コミュニケーション理論を学ぶことで、ビジネスを円滑に進めるだけではなく、友人や家族とのつながりも円満にしていくことにつながります。

ビジネス上でDiSC®を活用するためには、まず社内で診断を実施をすることで、自分と同僚の行動様式を理解し意識することでチームワークを円滑にします。DiSC®を学び意識していくことで、初めて会う人の行動傾向もコミュニケーションの中で掴むことが出来るようになります。

左記は当社で作成した日本語のDiSC®の一部抜粋資料となります。
ビジネスシーンにおいて重要なことは、
①自分を知る
②相手を知る
③相手に適応する
④相手をリードする

まず自分のDiSC®の行動特性を知ることになります。
次に相手を知ること=つまり相手の行動特性を知ることです。
相手の行動傾向を理解したら、次に相手に適応し行動します。自分が分かれば、どう相手の行動に適応したら良いか理解ができます。
相手の行動と歩調があえばビジネスにおいては仕事がスムーズに進んでいきます。
最後に目的に向けて相手を導いてあげることがビジネスを成功させるポイントです。

※当社作成資料の一部抜粋
※当社作成資料の一部抜粋

EVERYTHING DiSC®診断実例

T.Sさんの診断結果(円環図)

T.Sさん

【T.Sさんについての考察】

高いDiスタイルです。
何よりも行動すること、成果を出すこと、楽しむことが大切という価値観を持っています。
成果、行動、情熱、つまり、何よりも成果を出し、行動を起こし、楽しむことが大切であるというT.Sさんは、自発的にまた積極的に行動し、前向きに物事を捉え、エネルギッシュに仕事をこなしていきます。
一方で、協力、着実、正確という価値観は少ししかないので、誰かと一緒に仕事をしたり、一歩一歩、マニュアルに従って仕事をこなすのは苦手とします。
正確に完璧に仕事をこなすというよりは、失敗してもやり直せば良いという考えを持っているので、失敗を恐れませんが、他者からは無鉄砲と思われることもしばしばあるかもしれません。

everythingDISC®は、あくまで行動特性・行動欲求、その人の価値観ですので、その人の能力を表すものではありません。従って、everythingDiSC®には良いも悪いもありません。全ての行動特性・行動欲求・価値観が素晴らしいというものが前提になっています。
everythingDiSC®は相違思考(価値観は皆、人によって異なる)を元の理論としていますので、コミュニケーション時に使えば、大きな効果がでます。一方、正誤思考(価値観は皆、私と同じ)は、会議の時や組織運営の時には適している理論なのですが、コミュニケーションに使うと他者との価値観の違いが大きなストレスをうむのですが、この相異思考に気付けば、ストレスも軽減されることになります。
言い換えれば、自分は絶対に正しいと思っている人ほど、大きなストレスを持つとも言えますので、注意が必要です。

A.Oさんの診断結果(円環図)

A.Oさん

【A.Oさんについての考察】

高いSCスタイルです。
正確・着実・支援がキーワード。仕事は、誰かを支援サポートし、着実に一歩一歩進み、正確に間違いなく仕事をこなすという行動特性・行動欲求・価値観を持っています。
そしてAOさんは、協力・情熱も高いので、仕事は楽しく、一緒にこなし頼まれたら断れないという人柄であり、とても人間関係を大切にします。

目配り、気配り、心配りがAOさんが真骨頂。その明るさで場の空気を和らげ、更に花を咲かせる方です。
物事の良し悪しをきちんとわきまえ争い事を好みません。
友達も多い事でしょう。一方で、急な変化を求められたり、成果を求められたり、合理性・効率性を追求されるのは苦手です。
また、何事も決定することに他者の意見を聴くため、迅速な決断ができず誰かの言いなりになってしまう時もあるかもしれません。
過度な従順は注意が必要です。自分の意見もはっきりと言えるようになりましょう。